BSWi Hous 1 強度/セットリスト/コリオ

強度: ★★★★★★☆☆☆☆

Intensive(徹底的な)というだけあって、ウエストのプログラムの中でも特にお腹周りにアプローチするプログラムです。

2016年リリースのプログラム。2013年史上最年少で世界1位のDJの座を手にしたハードウェルの”Ping Pong(Hardwell Remix)”やギャランティスの”Love On Me”、イギリスシングルチャート最高2位、ヨーロッパ主要国でも大ヒットとなったジョナス・ブルーの”Perfect Strangers(feat.JP Cooper)”など、様々なハウス・EDMの曲をセレクト。

FEELCYCLE屈指の人気プログラムで、人気インストラクターの回だとあっとう間に予約が埋まり、グレーアウトします。強度的にはBSW Hit 7には負けますが、ウエストのプログラムの中でも高いほうです。それよりも、全9曲中3曲がクランチ(バイクの上で行う腹筋運動)なので、少々異質でもあります。クランチキープの状態で曲が静かになるところでは、スタジオのところどころでうめき声もw

プログラムの内容もかなり洗練されていて秀逸です。2018年7月現在、筆者が4番目に最も多く受けてきたお気に入りのレッスンです。

セットリスト&コリオ

1. Raveology - DVBBS & Vinai

1曲目からポジション2のオールシッティング(立ち漕ぎなし)のオールダブルタイムです。ダブルタイムで漕ぎながら8カウントエルボーダウンで始まり、2カウントエルボーダウン。サビでライトエルボーダウンキープ、レフトエルボーダウンキープ。4カウントエルボーダウン、2カウントエルボーダウン、ライトレフト。サビでライトエルボーダウンキープ、レフトエルボーダウンキープ。最後にシングルカウントエルボーダウンでフィニッシュです。ひたすらエルボーダウン祭りです。

2. Intoxicated - Martin Solveig & GTA

2曲目でいきなりダンベルを使います。500gのダンベルを片手に2個持ち、お腹に負荷をかけるための補助として使います。立ち漕ぎでまずは左手をポジション1、右手でダンベルを持って4カウントのプルダウン、2カウントのプルダウンで1コーラスです。2コーラス目はその反対で左手ダンベル、右手ポジション1です。最後にダンベルを置いて、ポジション1エルボーダウン2カウントで締めます。
立有

3. Ping Pong (Hardwell Remix) - Armin van Buuren

3曲あるクランチタイムの1つ目です。イントロの間に両足を同じ高さに固定して、足が動かなくなるまでトルクをめいっぱい上げます。イントロが終わったら曲が静まりかえり、ここでクランチダウンキープです。曲が徐々に盛り上がっていき、このあたりでインストラクターから「Are you ready?」が入ります。RUNの直前ではなくむしろ全く足が動いていない状態での「Are you ready?」は初めて受けたときかなり違和感ありましたが新鮮です。2カウントダウンアップ、2カウントツイストを繰り返したのち、また曲が静まりかえったところでクランチダウンキープ。その後、4カウントダウンアップ、2カウントダウンアップ。そしてクランチダウンキープ、最後のサビで2カウントダウンアップ、2カウントツイスト、シングルカウントツイストでフィニッシュです。このあたりで腹筋は悲鳴をあげていますが、息はあがっておらず、スタミナはまだまだ大丈夫だと思います。

4. Perfect Strangers (feat. JP Cooper) - Jonas Blue

3曲目の足の固定を解いて、再びオールシッティングのポジション1ダブルタイムです。左右に8カウント、4カウント、2カウントのワンハンドツイストを交互に繰り返す感じです。後方のバイクでスタジオ全体を眺めると、全員がスウェイをやっている姿は壮観です。

5. Thief - Ookay

再びクランチタイムです。短めのAメロ・Bメロでクランチの準備をして、最初のサビから2カウントのスウェイ(半円を描くように左から右へ、右から左へお腹を動かす腹筋運動)でスタートです。途中、4カウントのダウンアップ、2カウントのスライド(スウェイと違いお腹を左右に動かして脇腹を鍛える運動)を挟みながら、最後は2カウントのスウェイで終わります。後方のバイクでスタジオ全体がスウェイでシンクロしている姿を観られますが、壮観ですよ。

6. Love On Me - Galantis & Hook N Sling

BSWi Hous 1の最高の盛り上がりどころです。冒頭からインストラクターも「How are you feeling!?」と盛り上げてきます。BB1 Comp 1でのんきに漕ぐのと違い、ダブルタイムで一気にテンションを上げていきます。まず、ポジション2のダブルタイムで始まり、2カウントエルボーダウン。そしていよいよ、サビ前半は40カウントのポジション3ダブルタイム、サビ後半は32カウントのポジション3ダブルタイムTap it backで、体力をゴリゴリ削られます。Aメロに戻ったらまたポジション2ダブルタイムの2カウントエルボーダウン。そして大サビは40カウントのポジション3ダブルタイム、アーンド64カウントの地獄のタピバでフィニッシュです。
立有P3DT & TIB

7. Sexual Healing (Kygo Remix) - Marvin Gaye

はい、Love on Meの疲労はここで回復させておかないと、次のバナナアイスで死にますからね。ポジション5の立ち漕ぎです。まずはワンのカウントで左足、ツーのカウントで右足がくるように漕ぎます。右手を背中の腰にもっていき、4カウント・2カウントのワンハンドツイストを行います。次は反対でワンのカウントで右足、ツーのカウントで左足がくるようにして、左手を背中の腰にもっていき、4カウント・2カウントのワンハンドツイストです。ポジション5でワンハンドツイストなので軸がぶれやすいですが、つま先は必ず正面を向いているようにしてください。下手するとペダルから足が外れて危険です(筆者は1回経験しました)。最後のサビが終わった後は、両手でポジション5持って、普通のツイストです。
立有

8. Banana Ice Cream - Juyen Sebulba & Stoltenhoff

BSWi Hous 1の最後の山場です。ポジション5で立ち上がり、8カウントエルボーダウン、2カウントエルボーダウン、2カウントライトアンドレフト。サビに入ったらなんと、ライトダウンキープ、レフトダウンキープを8カウント、4カウント、2カウントで行うポジション5ダブルタイムが112カウントです!112カウントですよ!!ここ頑張ってこぎましょうね。長ーいサビが終わったら、4カウントエルボーダウン、2カウントライトアンドレフト。サビは1コーラス目ほど長くなく、64カウントでライトダウンキープ、レフトダウンキープを8カウント、4カウント、2カウントで行い、終わります。ここまでくればこのプログラムもクリア目前ですよ!
立有P5DT & Right/Left Keep

9. PSY or DIE - Carnage & Timmy Trumpet

最後の曲はクランチタイムです。バナナアイスでがっつりP5DTやった後、急に足を止めるので、気持ち悪くならないよう気を付けましょうね。イントロ超短いので大急ぎでクランチの支度しましょう。じゃないと出遅れます。イントロ終わったらすぐに2カウントのダウンアップ、2カウントのツイストです。そしてクランチダウンキープ。最後の大サビ入る前に、インストラクターから「Are you ready?」が入り、シングルカウントツイストでブンブンやって、あっという間に終わります。

FEELCYCLIST レッスンのお供

カレンダー

2024年4月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

  1. レッスン

    速報のままだったBB1 Comp 3、BSBi Hous 1、BSWi Hous…
  2. 雑感

    週末の運動不足感
  3. レッスン

    BB2 2018のセットリストとコリオをアップ
  4. レッスン

    BB2 Hous 4のセットリストとコリオをアップ
  5. レッスン

    BB2 Hit 18のセットリストとコリオをアップ
PAGE TOP