BB2 SUMR 2 強度/セットリスト/コリオ

強度: ★★★★★★☆☆☆☆

夏を感じる曲を集めたサマーシリーズ第2弾です。

2016年リリースのプログラム。FEELCYCLEが「夏」をテーマに厳選した曲で構成されたシーズンシリーズ。グラミー賞に輝くプロデューサー/DJのアフロジャックの”SummerThing!”、第60回グラミー賞で年間最優秀賞にノミネートされたマイク・ポズナーの”I Took a Pill in Ibiza”などの夏を感じられる楽曲をセレクト。

SUMR 1よりもSUMR 2のほうが断然強度が高く、SUMR 1に慣れたばかりの頃の筆者が受けたらあまりの強度の高さに1曲目から絶望的になったものでした。でも、明るくて元気になる、夏らしい曲がたくさん詰まっているので、いまは筆者の大好きなプログラムの1つです。

立ち漕ぎが多いのと、ダンベルが2曲でてきます。

セットリスト&コリオ

1. SummerThing! (feat. Mike Taylor) - Afrojack

1曲目からポジション3で元気に飛ばしていきます。
Bメロで4カウントプッシュをやったあと、サビはポジション3ダブルタイムです。
2コーラス目に入ったら座ってポジション2に戻って4カウントエルボー、サビはポジション3ダブルタイムです。
そして座ってポジション2。4カウントのプッシュ・エルボー。最後のサビもポジション3ダブルタイムです。
立ち漕ぎに慣れていない方だと、1曲目からヘトヘトになるでしょう。
立有 P3DT

2. Vacation - G.R.L.

BB2 SUMR 2で貴重なオールシッティングの曲。でもずっとポジション2ダブルタイムです。
すごく明るい曲で、ますます楽しくなってきます。
サビ前半は2カウントエルボーダウン、後半は8カウントコーナリングです。
最後の大サビ前半は2カウントエルボー、シングルカウントエルボー。後半はシングルエルボーしながらの8カウントコーナリングです。

3. 2 Brazil! - Vengaboys

BB2 SUMR 2の最大の難関でしょう。ますます曲のテンションがあがっていきます。
ポジション3で立ち上がり、2カウントエルボーと、2カウントのライトレフト。
サビはポジション3ダブルタイムでガンガン漕ぎながらの、2カウントエルボーダウンライトレフト、シングルライトレフトです。これがまぁ~キツい。
サビが済んだら座らせてもらえず、スローダウンしてポジション3のままです。
そしてすぐポジション3ダブルタイムに戻り、最後の大サビはエルボーダウンライトレフトのシングルシングルダブルです。めっちゃキツいですが、楽しいですよ。
立有 P3DT&Elbow Right/Left

4. Sex On the Beach - Spankers

1つあるうちの2つ目のダンベル曲。曲名からもわかる通り、放送禁止用語の歌詞がガンガン流れる中、ダンベルをブンブンやります。
シングルショルダープレスから始まり、2カウントチェストプレス、2カウントインクラインチェストプレス(斜め上に腕を伸ばすチェストプレス)。右手インクラインと左手チェストプレス、右手チェストプレスと左手インクラインを交互にやるコンビネーションを2カウント、シングルカウントで。
動きはいたってシンプルで楽しいです。過激な歌詞もあいまって更に楽しくなってきます。​

5. Summer Time - Vybz Kartel

ちょっぴり休憩、と言わせず、まだまだ飛ばします。ポジション3で立ち上がり、サビはポジション3ダブルタイムです。
ワンコーラス終わったら座ってポジション2に戻り、またすぐポジション3で立ち上がるの繰り返しです。
立有 P3DT

6. I Took a Pill in Ibiza (Seeb Remix) - Mike Posner

ようやく休憩できる曲でしょうか。
4カウントバックトゥーアップ、サイドトゥーサイド、4バック・4サイド、2バック・2サイドで動いていきます。
立有

7. Lay You Down Easy (feat. Sean Paul) - MAGIC!

ダンベルタイム2曲目は、ポジション3で立ち漕ぎしながらリズム指定ありのダンベルです。
動きはいたってシンプルで、片手にダンベルを2本持ち、2カウントバックトゥーアップしながら4カウントキックバックを行う動きです。右手→左手→右手→左手とやっていきます。曲もゆったりとした有名なレゲエナンバーです。
立有

8. I Got U (feat. Jax Jones) - Duke Dumont

立ち漕ぎありのダンベルタイムの次も、立ち漕ぎです。ポジション3で立ち上がります。
この曲はBB2 SUMR 2しかでてこない、「ウェーブ」という動きが出てきます。上半身を下げた状態から8カウントを使って徐々にせり上がっていく動きです。腕に力を入れず、お腹に力を入れて動きましょう。
8カウントウェーブのくり返し、8カウントウェーブと2カウントプッシュ4回、4カウントウェーブと2カウントプッシュ2回のコンビネーションをやっていきます。
立有

9. Keep Shining - Redfoo

クライマックスに向けてどんどんテンションを上げていきます。
最初はシングルカウントで両手をあげてクラップし、そしていきなり64カウントのポジション3 RUNです。
RUNが終わったら座らず、P3のままタピバ、4カウントと2カウントプッシュ、タッペンプッシュをやります。
最後の大サビで64カウントポジション3 RUN、ポジション2ダブルタイムになり、シングルカウントのエルボーダウンで締めくくります。
立有 P3RUN

10. Sparks (feat. Corey Saxon) - Steerner, William Ekh & Martell

BB2 SUMR 2は終始元気のいい曲で構成されていますね。ラストスパートにふさわしい曲です。
ポジション2ダブルタイムから始まります。2カウントプッシュアップとエルボーダウンのコンビネーションをやり、ダブルタイムのリズムに戻ります。そして再び2カウントプッシュエルボーをやり、最後の大サビでポジション3・2・3のRUNを32カウントずつ(計96カウント)やってフィニッシュです!
立有 P3RUN

上半身ストレッチ. The Must Be Love - Matt B

やさしいハワイアンテイストのこの曲が流れたらBB2 SUMR 2も終わりです。お疲れ様でした!

※Apple Musicに当該楽曲がなかったため本ページで試聴できずスミマセン!

FEELCYCLIST レッスンのお供

カレンダー

2024年5月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

  1. レッスン

    BB2 Comp 1のセットリストとコリオをアップ
  2. レッスン

    BB2 Hit 18のセットリストとコリオをアップ
  3. レッスン

    BB2 JAZZ 1のセットリストとコリオをアップ
  4. レッスン

    BSL DEEP 1のセットリストとコリオをアップ
  5. レッスン

    BB2 DEEP 1のセットリストとコリオをアップ
PAGE TOP