BSB Hous 1 強度/セットリスト/コリオ

強度: ★★★★★☆☆☆☆☆

無理のないコリオでしっかり腕と背中にアプローチできて、ちょうど良い強度で有酸素運動も兼ねられる、Back & Arm屈指の良プログラム。

2014年リリースのプログラム。YouTubeで再生回数2億4千万回以上、世界的ハッカー集団アノニマスの仮面を身につけたミュージックビデオで注目を浴びたオランダ出身DJのニッキー・ロメロの”Toulouse”、EDMアーティストのアフロジャックによってリミックスされたサーティ・セカンド・トゥー・マーズ”Do or Die”の「I will never forget the moment, the moment.」のメロディーは力強く思わず耳に残る。身体に鳴り響く重低音や高揚感を感じることができ、Houseを初めて聞く人にもオススメ。

楽曲編成も秀逸で、格好いいハウスミュージックにピッタリのコリオで進む全10曲です。筆者の大好きなプログラムで、かなりの回数を受けています。

基本的にはプッシュアップ、エルボーダウンといった基本動作で進んでいきます。全10曲中、チューブ1曲、ダンベル2曲です。

セットリスト&コリオ

1. Jubel - Klingande

ウォーミングアップ曲。徐々にテンションを上げていきましょう。
コリオはポジション3で立ちながら、またはポジション2で座りながら、2カウントのオフビートエルボーダウンをやるというものです。Back & Armのプログラムですので、エルボーダウンはお腹だけではなくて腕にも体重をかけてやりましょう。
立有

2. 1234 feat. Chuckie & Martin Solveig - Laidback Luke

さあ、BSB Hous 1の幕開けです。インストラクターによってはここのイントロで「Welcome to FEELCYCLE! This is the Body Shape Back and Arm House 1!」とコールして一気にテンションを上げていきます。ポジション3で立ち上がり、4カウント、2ダウン2アップ、2カウントのプッシュアップを繰り返していくBSBらしいコリオです。
立有

3. Surrender (feat. Mindshake) - Daddy's Groove

ここから一気に足の回転数を上げていき、走り抜けます。既にこのあたりで心地いい汗だく状態です。
基本はポジション2ダブルタイムでAメロは4カウントエルボーダウン、Bメロはエルボーダウンキープ、サビでポジション2 32カウントRUN、ポジション3 32カウントRUNで1コーラス終了。
2コーラス目は、Aメロは4カウント・2カウントのエルボーダウン、Bメロはエルボーダウンキープ、サビでポジション2 32カウントRUN、ポジション3 32カウントRUNでです。
立有 P3RUN

4. Bam Bam - Clubhunter

チューブタイムです。トライセップスのみのシンプルな動きです。肩幅くらいにチューブを持って、背中に通して、右手を上に、左手を下にします。音楽に合わせて、上だけ4カウント、下だけ4カウント、上下交互に4カウント、上下両方で4カウント・2カウント・シングルカウントで動かしていきます。シングルカウントは乳酸溜まりまくりで超絶辛いですが頑張りましょう。それをこんどは左手を上に、右手を下にして続けていきます。

5. Tribe Dancing - J. Minguez

クールな曲なのでリラックスしてやりましょう。ポジション3で立ち上がり、8カウント・4カウントのバックトゥーアップとタピバをします。そのあと、プッシュアップとのコンビネーションで、8バック4プッシュ、4バック2プッシュ、2タップ2プッシュ、タッペンプッシュをやります。続けて、2タップ2エルボー、タッペンエルボー、8プッシュ8エルボー、4プッシュ4エルボー、2プッシュ2エルボー、プッシュ&エルボーという感じで基本動作をひたすら繰り返す曲です。
なお、プッシュアップとエルボーダウンはすべて2カウントです。
立有

6. Toulouse - Nicky Romero

めちゃくちゃテンションが上がるダンベルタイムです。まずは2カウントのスライドインから始まり、徐々に腕を広げていきます(隣の人に当たらないように注意)。「Stop!」でスライドインをやめて、曲が始まったらアームカールを4カウント・2カウント・シングルカウントでやります。サビが始まったらシングルカウントのフロントパンチを右手で、「Switch!」で左手で、そしてライトレフトでやります。アッパーもライトレフトでシングルカウント、そしてフロントパンチライトレフト、アッパーライトレフトのコンビネーション。「Stop!」でフロントレイズの構えで静止。曲が再開したら2カウント・シングルカウントで右手のフロントレイズ(ダウンアップ)、「Switch!」で左手でフロントレイズです。そしてまたサビでフロントパンチ、アッパーの繰り返しです。最後は2カウントパンチアップ、2カウントフライ、2カウントパンチアップ&フライのコンビネーションで終了です。

7. On the Move - Barthezz

ここでまた一気に足の回転数をあげていきます。オールシッティングでかなり速いポジション2ダブルタイムです。
まずエルボーダウンキープから始まり、2カウントで8プッシュ8エルボー、4プッシュ4エルボー、2プッシュ2エルボー、プッシュ&エルボーをやって、サビが終わったらまたエルボーダウンキープに戻ります。
そしてまた、2カウントで8プッシュ8エルボー、4プッシュ4エルボー、2プッシュ2エルボー、プッシュ&エルボーをやり、最後はプッシュ&エルボーのシングルカウントでフィニッシュです。

8. Invader - Turbotronic

ダンベルタイムです。ポジション3で立ち漕ぎしながら、片手に2本のダンベルを持ってやるタイプのやつです。まずは右手から。サイドレイズ(インアウト)、フロントレイズ(アップダウン)、フロントパンチ、キックバック、フロントパンチ&キックバックのコンビネーション、ローイング、ローイングとフロントパンチのコンビネーションをすべて2カウントでやります。そして左手にスイッチします。フロントパンチ、キックバック、フロントパンチとキックバックのコンビネーション、ローイング、ローイングとフロントパンチのコンビネーション、フロントレイズ、サイドレイズです。
腕を本格的に使うのはここまでですが、既に腕や肩がバッキバキになっている筈です。
立有

9. Everything [feat. Hadley] - EDX

残りあと2曲です。この曲は美しいサウンドに乗ってポジション3で立ち漕ぎしながらタピバをする感じです。ラストスパートに向けて体力を回復させましょう。
立有

10. Do Or Die - Afrojack & Thirty Seconds to Mars

基本はポジション2ダブルタイムです。1コーラス目は4カウント、2カウントでエルボーダウンをやり、サビで32カウントポジション3 RUN、32カウントポジション2 RUN。2コーラス目は同じく4カウント、2カウントでエルボーダウンをやり、サビで32カウントのポジション3、2、3 RUN(合計96カウントのRUN)でフィニッシュです。
立有 P3RUN

FEELCYCLIST レッスンのお供

カレンダー

2022年10月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

  1. 雑感

    五反田(GTD)スタジオに行ってみた
  2. レッスン

    BSW Hit 7のセットリストとコリオをアップ
  3. レッスン

    BB1 90s 1のセットリストとコリオをアップ
  4. レッスン

    BB2 Hous 4のセットリストとコリオをアップ
  5. レッスン

    BSWi Metalのセットリストとコリオをアップ
PAGE TOP