BSWi Hous 2 強度/セットリスト/コリオ

強度: ★★★★★★☆☆☆☆

FEELCYCLE屈指の人気プログラムBSWiに待望の第二弾が登場です。

2019年リリースのプログラム。スウェーデンのグラミー賞で最優秀エレクトロ/ダンス賞と最優秀楽曲賞の2部門を受賞したEDMアーティスト=アヴィーチーの死後、リリースされた遺作”TIM”から”Tough Love”、第64回・米グラミー賞ベスト・ダンス/エレクトロニック・アルバム賞にノミネートしているマシュメロ”Happier”など様々なハウス・EDMの曲をセレクト。

前作BSWi Hous 1の完成度が異様に高く、あっという間に予約が埋まってしまう人気ぶりですが、このBSWi Hous 2も同じような人気プログラムになる予感がします。

なぜならこのプログラム、全12曲中クランチが4曲あるのですが、脚の負荷は軽めのBB2くらいなのです。高強度偏重である昨今、純粋に腰周りをシェイプアップしたいという女子のニーズにしっかり応える形になっていると言えます。BSBi Hous 1の鬼強度ぶりから、かなりの鬼畜プログラムになると予想していましたが、意外や意外。

曲も明るいものばかりで楽しく、途中2カウントプッシュアップも出てくるという遊び心も含まれています。クランチもサボらずしっかり受ければ、腹筋かなり鍛えられますよ。

セットリスト&コリオ

1. Let’s Get This Thing Started - John Christian

前作BSWi Hous 1と同じようにP2DTで始まるイントロはテンション上がりまくりです。でもスタファがあるのでこっちのほうがちょっとだけ強度高いかもしれません。
P2DTで始まり、2カウントエルボーダウンをやった後、サビで8カウントP3SFと2カウントエルボーダウンのコンビネーションです。そのあとP3リズムになり、2カウントバックトゥーアップ、ツイスティングバックトゥーアップです。
2コーラス目に入ってP2DTに戻り、2カウントエルボーダウン、シングルカウントエルボーダウンライト&レフト、サビで8カウントP3SFとシングルカウントエルボーダウンライト&レフトのコンビネーション、シングルカウントエルボーダウンライト&レフトでフィニッシュです。
立有 P3SF

2. Fire - MAKJ & Linka & Mondello

P3で立ち上がり、P5へ。4カウントワンハンドツイストを左右交互にやり、サビで4カウントワンハンドツイストと2カウントエルボーダウン2回のコンビネーションをやります。
2コーラス目もP5のまま2カウントエルボーダウンをやり、4カウントワンハンドツイスト以降の動きは1コーラス目と同じです。
ちなみに超どうでもいい話ですが、BSBi Hous 1の2曲目の曲名もFireなんですよね。
立有

3. Blah Blah Blah - Armin van Buuren

クランチ1曲目です。クランチキープ、ダウンアップが4カウントと2カウント、ツイスティング4カウントと2カウントがでてきます。

4. Happier - Marshmello & Bastille

1曲丸ごとP2DTアンダーグリップ、オールシッティングです。
2カウントオフビートエルボーダウンをやり、サビで2カウントオフビートエルボーダウンライト&レフトという動きを3セットやります。2セット目と3セット目の間にエルボーダウンキープが挟まります。

5. Tough Love (feat. Agnes & Vargas & Lagola) - Avicii

P5で左脚から踏み込み、右手を腰の後ろに回し4カウントワンハンドツイスト、サビで2カウントワンハンドツイストをやります。左側でも同じ動きをやりますが、右脚から踏み込みます。BSWi Hous 1のSexual Healingと同じ感じですね。
立有

6. Power - Hardwell & KSHMR

P3リズムで始まり、なんとBSWiに似つかわしくない2カウントプッシュアップをやります。そしてサビでツイスティング、ツイスティングバックトゥーアップです。2コーラス目も4カウントプッシュアップ、2カウントプッシュアップをやって、サビでツイスティングバックトゥーアップです。
立有

7. Find - Slushii

クランチ2曲目です。8カウントスウェイ(Wi1と同じペース)、16カウントスウェイ(超ゆっくりでお腹にくる)をやります。

8. Azukita - Steve Aoki, Daddy Yankee, Play-N-Skillz & Elvis Crespo

P3リズムで始まり、タピバ、シングルカウントエルボーダウンライト&レフト、サビでダブルタップとシングルカウントエルボーダウンライト&レフト2回のコンビネーションをやります。概ねこんな動きを3セットやります。
立有

9. DJ Turn It Up - Yellow Claw

やっとここで難関曲が登場です。ずっとP3DTで漕ぎ続けながら、シングルカウントエルボーダウン、タピバ、サビでタッペンエルボー。これを2セットやります。そして、シングルカウントエルボーダウン、クラウチングでフィニッシュです。
立有 P3DT & ED / TiB / Crouching

10. The Jungle - Dimitri Vegas & Like Mike & Bassjackers

クランチ3曲目です。4カウントツイスト、クランチキープ、音合わせツイスト(曲の拍子に合わせて腰をツイストする)、シングルカウントツイストをやります。

11. Not Afraid - Justin Mylo

ラストのクランチに入る前の難関曲です。P3リズムで始まり、P2DTへ。4カウントスタンディングファスト、サビで32カウントP3DT、2カウントオフビートエルボーダウンライト&レフトを32カウント分です。
P2DTで漕ぎ続け、8カウントスタンディングファスト、4カウントスタンディングファスト、サビは1コーラス目と同じです。
立有 P3SF P3DT & ED

12. Toro - Timmy Trumpet & Junkie Kid

トランペット響き渡るラスト曲は、クランチ(4曲目)です。クランチキープから始まり、4カウントダウンアップ、2カウントダウンアップ、シングルカウントツイスト、長~いクランチキープ、2カウントダウンアップ、ラストはシングルカウントツイストです。前作BSWi Hous 1と同じく、腰ぶんぶん系のテンションMAXでフィニッシュですね。

FEELCYCLIST レッスンのお供

カレンダー

2022年12月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

  1. レッスン

    BB2 2018のセットリストとコリオをアップ
  2. レッスン

    BB1 Queenのセットリストとコリオをアップ
  3. レッスン

    BB2 Hit 19のセットリストとコリオをアップ
  4. レッスン

    BB2 BRMSのセットリストとコリオをアップ
  5. レッスン

    速報のままだったBB1 Comp 3、BSBi Hous 1、BSWi Hous…
PAGE TOP