BB1 Comp 2 強度/セットリスト/コリオ

強度: ★★★☆☆☆☆☆☆☆

他のレッスンの人気曲を集めたコンピレーションプログラム第二弾です。

2017年リリースのプログラム。FEELCYCLEが厳選した曲で構成されたコンピレーションシリーズ。世界的DJ・アーティスト、ゼッドの代表作でBB2 ZEDDからの選曲”Beautiful Now”や、映画『Trolls』のテーマ・ソングで、アカデミー賞歌曲賞にノミネートされたBB2 Hit17からの選曲”CAN'T STOP THE FEELING!”、その他にもBB3 Hous2から”Follow Me”、BSW Hit6から”Sax”などを選曲。 アッパーチューンが多く、聴いているだけでつい踊りたくなってしまう楽曲をセレクト。 気分を上げたい時にオススメ。

2018年6月現在、筆者が最も多く受けてきたレッスンでもあります。
このプログラムの魅力は、自分の追い込み方次第で、強度を高くも低くも調整しやすい、というところかなと思います。RUNがたくさんでてきて、クランチというBSWiでたくさん出てくる腹筋運動もあるので、追い込めば強度をガンガン上げられますし、ほどほどに漕げばそれなりに低くもできます。

まあ、他のBB1のプログラムよりはやや強度高めですけどね。音楽はコンピレーションだけあって、明るく楽しいものばかりでおススメです。

最初の2曲は練習パートです。Push Up、Elbow Downはすべて4カウント。Side to Side、Back to UP、Tap It Back、Standing Fastはでてきません。

セットリスト&コリオ

1. Stay (feat. Maty Noyes) - Kygo

練習パート1曲目。Kygoのトロピカルハウスな1曲。ゆっくりのリズムからスタートし、サビでダブルタイムへ。ダブルタイムのままプッシュアップ。スローダウンしてまたサビでダブルタイムへ。こんどはダブルタイムのままエルボーダウン。そして最後はプッシュアップをやって、ダブルタイムのまま終わるという感じです。

2. CAN'T STOP THE FEELING! - Justin Timberlake

練習パート2曲目。立ち漕ぎの練習曲です。1コーラス目のサビでポジション2の立ち漕ぎ、2コーラス目のサビはポジション3の立ち漕ぎ、3コーラス目以降のサビはポジション3でプッシュアップです。
立有

3. Something New - Axwell Λ Ingrosso

ここから本番パートです。RUNがでてきて一気に強度が上がります。これはBB2 Hit 13のラスト曲ですね。
1コーラス目、サビに入る前は普通にリズム→プッシュアップ。サビに入ったら前半ダブルタイム、後半32カウントのポジション2 RUNです。2コーラス目はスローダウンできず最初からダブルタイム→プッシュアップ。サビに入ったら64カウントのポジション2 RUNでフィニッシュです。

4. Sax - Fleur East

すごくノリノリでおススメの1曲です。BSW Hit 6の2曲目ですね。
1コーラス目、2コーラス目は、Aメロがリズム、Bメロがポジション2立ち漕ぎ、サビがポジション3です。3コーラス目はBメロから始まりポジション3、サビでプッシュアップです。
立有

5. Follow Me - Hardwell & Jason Derulo

ここからさらに強度がグッと上り、レッスンのボルテージも高まっていきます。インストラクターもこの曲はハードだとアナウンスしてくれることが多いです。
1コーラス目・2コーラス目は、ポジション2のリズムから始まり、サビ前半はダブルタイム、後半は32カウントのポジション2 RUNです。
最後の大サビは64カウントのポジション2 RUNですので、力を出し切りましょう。

6. Easy Love - Sigala

ダンベルタイム。非常にシンプルな動きなので集中して頑張りましょう。
1コーラス目は4カウントのアームカール→2カウント。休憩。
2コーラス目は4カウントのトライセップス→2カウント。休憩。
3コーラス目は4カウントのフライ→2カウント。

7. I Love It (feat. Charli XCX) - Icona Pop

クランチタイム。バイクの上で腹筋運動をする、BSWiBSWのレッスンででてくる動きです。BB1 Comp 2のクランチは途中休憩ありのクランチキープ→4カウントダウンアップを2セットなのですが、かなりお腹に集中して体の傾斜をつけると、翌日地味に腹筋が筋肉痛になるくらいです。

8. Love Yourself - Justin Bieber

ゆっくりリラックスしながら漕ぐ曲。が、クランチの直後なのにエルボーダウンをぶっこんでくるので地味にお腹にキツイです。前半はポジション2、後半はポジション3でひたすらエルボーダウンです。BB1 Hit 11の5曲目で、あちらは2カウントのエルボーダウン、ダブルタイムもあったりと、ちょっとこちらとはコリオが異なります。
立有

9. Beautiful Now (feat. Jon Bellion) - Zedd

残りあと2曲です。体験者の方はこのあたりでもうヘトヘトかと思います。
1コーラス目はポジション2でサビがプッシュアップ、2コーラス目以降はAメロがシッティング、Bメロがポジション2の立ち漕ぎ→ポジション3、サビがポジション3でプッシュアップです。腕に集中して頑張りましょう。
立有

10. Heroes (we could be) [feat. Tove Lo] - Alesso

最後の1曲は最初からずっとダブルタイムです。最後の力を振り絞りましょう。Bメロでエルボーダウン、サビは32カウントのポジション2 RUNです。2コーラス目のサビは64カウント ポジション2 RUN、最後の大サビは32カウント ポジション2 RUNでフィニッシュです。全力で盛り上がりましょう!

上半身ストレッチ. Take Me Home - Jess Glynne

BSW Hit 6と同じ曲でストレッチです。なんと、BB1 Comp 2は、3曲目で96カウント、5曲目で128カウント、10曲目で128カウントと、すべてポジション2とはいえRUNがトータル352カウントもあったんですね。しっかり深呼吸して、ヒートアップした体をクールダウンしましょう。

FEELCYCLIST レッスンのお供

カレンダー

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

カテゴリー

  1. レッスン

    BB2 Xmas 2のセットリストとコリオをアップ
  2. レッスン

    BB2 Comp 1のセットリストとコリオをアップ
  3. レッスン

    BB2 Hous 1のセットリストとコリオをアップ
  4. レッスン

    BB2 FLGのセットリストとコリオをアップ
  5. レッスン

    BB2 JAZZ 1のセットリストとコリオをアップ
PAGE TOP